サブスクで発見!中国語で"好カバー"された洋楽の名曲特集
見出し画像

サブスクで発見!中国語で"好カバー"された洋楽の名曲特集


今回のプレイリストは、洋楽の中国語カバーヴァージョン特集。誰もが知っている大ヒット映画の主題歌のカバーから、通好みの渋い名曲の知られざるカバーまで「これぞ、好(ハオ)カバー!」と思える10曲を、サブスクの無数の楽曲の中からピックアップ、プレイリストにしました。

言語の違い、アレンジの妙、あるいは歌い手の個性の違いで、あの名曲はどの様に変わるでしょう? 美しくて楽しい、中国語カバーの世界を、原曲とアートワークと共にお楽しみください!

▶︎ まとめプレイリストはこちらから。

Apple Musicでのまとめは、こちら もしくはページ下部よりどうぞ。


▶︎TRACK LIST◀︎

-01-
"You've Got A Friend in Me"
Randy Newman

アメリカの作曲家・シンガーソングライター、ランディ・ニューマンによる映画「トイ・ストーリー」シリーズの主題歌「You've Got A Friend in Me」。ワールドワイドでの映画公開に伴い、様々な言語に翻訳、その言語のネイティブによって歌唱されたバージョンが作られている。中国語に限らず、色々な言語のバージョンを聴き比べてみるのも面白いかも?

-02-
"Yellow"
Coldplay

イギリスのバンド、コールドプレイの初期名曲「イエロー」は、大ヒット映画「クレイジー・リッチ!」(ジョン・M・チュウ監督)のサウンドトラックで、カバーヴァージョンが制作された。

元より、情感溢れる切ない曲であるが、こちらの女性ボーカルによるカバーはさらに、しっとりとエモーショナル。映画のクライマックスの見せ場を彩り、大ヒットにも大きく寄与したと言えるだろう。

-03- 
"Baby ft. Ludacris" 
Justin Bieber

声変わりする前の、あどけないジャスティン・ビーバーの声が懐かしいラブソングを、台湾系アメリカ人シンガーのジェイソン・チャンが、アコースティックカバー。原曲よりさらにチルで親密でハートウォーミングが素敵。中国語でのラップパートの響きも新鮮だ。

-04-
"Billie Jean" 
Michael Jackson

マイケル・ジャクソンの大傑作「ビリー・ジーン」をカバーしたのは、台湾の藍心湄(ランシンメイ)。絶妙なデザインと目力が素敵なジャケットをみるだけで笑顔になってしまう。

-05-
"Blue Monday" 
New Order

ニュー・オーダーの名曲を、中国語歌唱したのは、台湾の俳優・歌手、高凌風(フランキー・カオ)。キーは違えど原曲に比較的忠実なアレンジだが、どうしてか滲み出る、古き良きC-POP感がたまらない。粋なタイポグラフィと80年代のバイブスが詰まったアートワークもグッとくるものがある。

-06-
"You Can Get It If You Really Want"
Jimmy Cliff

ボブ・マーリーと並ぶ、ジャマイカのレジェンド、ジミー・クリフの名曲をカバーしたのは、香港の歌手、張武孝(アルバート・チャン)。原曲が持つ、レゲエの陽気でポジティブなバイブスに加わる、どこかコミカルでチャーミングな広東語の響きが新鮮。聴くと元気になるカバー。

-07-
"Sunny" 
Bobby Hebb

アメリカ人のR&B/ソウル歌手ボビー・ヘブの往年の大ヒット曲、「サニー」の中国語カバーがあったとは! 香港の歌手、許冠英(リッキー・ホイ)による本カバーは、原曲のスモーキーなムードはやや抑えめになる代わり、香港のアクション映画のような躍動感が加味されていて斬新!こちらのジャケットのアートワークも、なんとも味わい深くて良い。

-08-
"SEXY EYE" 
Dr.Hook

アメリカンロックの名曲をテンダーに、よりセクシーにカバーしたのは、香港の女優で歌手の葉德嫻(デニー・イップ)。数多くのカバー曲を発表している。憂いのある大人なヴォーカルと、シティポップ風お洒落アレンジが素敵だ。

-09-
"Like A Virgin" 
Madonna

日本や欧米のポップスをアレンジ、中国語カバーしたBGMがフィーチャーしたサントリー「烏龍茶」CMソング集からの一曲。現代的なエレクトロなビートがかっこいい、ダンサブルなカヴァー。

-10-
"The End of the World"
Skeeter Davis

1963年にスキータ・デイヴィスによってリリースされたアメリカの名曲 "The End of the World" は、カーペンターズやシンディ・ローパーなどを始め多くのアーティストにカバーされたり、映画やドラマの主題歌として使われてきた。

こちらの中国語カバー版は、中国の映画「いつかまた(原題:後會無期)」の主題歌として、香港の歌手であるG.E.M.(ジェム)によって歌唱された。正統派、王道な良さを、力量のある歌手が歌い上げる良さがある。

ーーーー


▶︎ 過去の中国語カバー関連記事はこちらから。


ありがとうございます!
世界の市場で仕入れた、素晴らしい&珍しい食材で極上のスープを作るように(?)、音楽サブスクリプションの膨大なリストから、古今東西有名無名、素敵で面白い音楽を見つけ出し、とっておきのプレイリストを作ります〜🍜✨🕺